シロアリ詐欺に合わないために

シロアリ詐欺についての実態をまとめました。注意すべきポイントや実例をチェックして、シロアリ詐欺に合わないように対策をしていきましょう。

シロアリ詐欺とは

シロアリ詐欺は、マイホームへの愛情を逆手にとった詐欺のひとつです。 シロアリ駆除に関心がある人に対し、 「お宅、シロアリが発生していますよ!駆除しないと危ないですよ!」 と危機感をあおってシロアリ駆除を勧めます。

そして、相場より高い費用を請求したり、必要な作業を行わないなどしていい加減な駆除工事を行います。

このようなシロアリ詐欺に合わないためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

シロアリ詐欺に合わないための5箇条

1. まずは自分で調べる

木造住宅におけるシロアリ発生は要注意事項です。まずは自分の家がシロアリの被害に遭っているのかどうかを自分で確認しましょう。 シロアリが発生すると、家の木材が食べられ床がギシギシと鳴ります。

床を踏んで音を確認しましょう。 床下に行けるようであれば、蟻道がないかも確認しておきます。

2. 余裕をもって業者を探す

上記の方法でシロアリ発生の恐れがある場合や、更に確認してもらいたい場合は、余裕をもって業者を探しましょう。

焦って知らない業者に依頼すると、シロアリ詐欺の被害に遭う可能性が高まります。 時間に余裕をもって、冷静な状態で探しましょう。

3. 必ず合い見積もりをとって適正価格を確認する

ひとつの業者だけを見ていると、相場からかけ離れた法外な費用を請求されても気づきません。業者を決める前に、かならず候補業者の合い見積もりをとりましょう。

4. 実績のある信頼できる業者を選ぶ

創業から長い期間が経っている業者や、施工実績が多い業者から選ぶようにしましょう。 詐欺的な業者は創立年度が不明だったり、シロアリ被害の危険性だけをやたらにあおってきたりします。

焦らせてすぐに工事をさせることが目的ですから、そのようなトラップにかからないよう冷静でいることが大事です。

5. 施工後の保障期間を確認する

依頼する業者が施工後の保障期間を設けているか確認しておきましょう。 駆除工事が終わってしまうと、保障がなければシロアリが駆除されていなかったり再発生した場合でも、再度駆除工事の費用がかかることになります。5年前後の保障期間を設けている業者を選んでおくと安心です。