シロアリの種類と生態

日本に生息しているシロアリの中でも、被害の多いイエシロアリ、ヤマトシロアリ、アメリカカンザイシロアリについて、その生態や発生地域などを解説します。

日本の代表的なシロアリの種類

  • イエシロアリ
    イエシロアリは食害のスピードが速く、大きな被害を与えることから、世界の中でも、加害の激しいシロアリの一種として知られています。
  • ヤマトシロアリ
    日本のほとんどの地域に生息しているのはヤマトシロアリです。イエシロアリに比べて加害速度は遅めですが、湿った木材を好み、時には畳や本、ダンボールなども食害されることがあります。
  • アメリカカンザイシロアリ
    最近日本で被害が広まっているのがアメリカカンザイシロアリです。ほかのシロアリに比べて水分をほとんど必要としないため、乾いた木材の中でも生き延びることができます。進入経路や被害箇所が特定しづらいため、駆除が難しいシロアリです。

どの家でも、シロアリの被害を受ける可能性はありますが、とくにシロアリが好む環境というのがあります。湿気を溜め込んだり、シロアリの好きな木材が散乱していたりするのは要注意です。