シロアリの点検方法

シロアリがいるかも…と思ったらまずはセルフチェック

「家がシロアリの被害に遭っているか心配」
「自分で確認してから専門業者にお願いしたい」
と考えている方も多いかと思います。

そこで、自分でもできるシロアリの点検方法についてご紹介したいと思います。

ちょっと待った!床下に潜る前の確認事項

まずは、床下に潜る前に、家の中から点検してみましょう。

□柱が下がっていたり、棟や軒の稜線が歪んでいる
□ふすまや扉の立てつけが悪くなっている
□基礎コンクリートや土台に、蟻道が作られている
□木材の割れ目や継ぎ目に、シロアリの排出物や土でできた蟻土ができている
□柱にシロアリの食痕がある
□壁や柱を叩いたときに空洞音がする
□家の中や家の周囲で羽アリを見つけた

これらのうち、ひとつでも当てはまれば、シロアリに侵されている可能性があるので、実際に床下に入っての点検となります。

点検の準備と床下への入り方

床下に潜るときには、以下のものを準備しましょう。

□懐中電灯またはヘッドライト
□バールやマイナスドライバー、ハンマー、釘抜き
□汚れてもいい服装
□軍手
□マスク
□ヘルメットまたは帽子
□長靴

このほか、埃やゴミから目を守るためのゴーグルやひじやひざを守るパット、状況を記録するためのデジカメ、温湿度計、反対側や裏側などを見るための鏡などがあると便利です。

床下へは、洗面所などに床下点検口があればそこから入ることができます。もしくは、キッチンに床下収納庫がある場合、そこからも入れます。点検口も収納庫もない場合は、和室の畳を上げて床を切ることになるので、その場合は専門業者に依頼しましょう。

無料点検をしてくれるシロアリ業者一覧>>

点検するポイントと注意点

床下点検を行う際は、次の点に注意しましょう。

  • ひとりで行わない(床下の入り口に必ず誰かにいてもらう)
  • 床下が狭い場合は行なわない
  • 真夏や真冬などは避ける
  • 体調の悪い時は行なわない
  • 狭いところを無理に進んでいかない

床下など狭い空間の移動は、想像以上に体力を消耗しますので、無理は禁物です。

床下へ潜ったら、まず、湿気具合を確認しましょう。多少の湿度は問題ありませんが、床下の木材にカビなどが付着しているようなら要注意です。

次に、蟻道を探します。とくに基礎や束石は念入りにチェックします。蟻道を発見した場合、蟻道をドライバーなどで少しだけ壊してみましょう。そこからシロアリが出てくれば、シロアリが生息していることになります。その際、蟻道をすべて壊してしまうと、後に業者が駆除をするときにシロアリの生息状況や被害範囲を把握できなくなってしまいますから、壊さないように注意してください。

その後、蟻道付近の木材をドライバーなどで軽く叩いてみて、空洞音がしたり木が軟らかくなっていると、被害が進行している可能性があります。
床下点検をして、シロアリの生息や被害が確認できたら、すぐに専門業者に依頼しましょう。